独り豚骨ラーメン部

東京の豚骨ラーメンを紹介するブログ

焼きラーメンって知ってる?【焼麺 劔@高田馬場】

独り豚骨ラーメン部 17日目

f:id:taku-no-shin:20200120121935j:image

 前回に続き今回も高田馬場にお邪魔して↑これを食べて来ましたー!

 

焼きラーメンとは

焼きラーメンってみなさんご存じでしょうか?

ひとことで言えば、豚骨味の焼きそば!

福岡天神の屋台「小金ちゃん」が考案したと言われてます。

「小金ちゃん」は繁華街天神のど真ん中、親不孝通りの入り口付近にある屋台で、戦後の昭和20年代から営業しているすごく歴史のある屋台。現在は2代目が営まれています。

焼きラーメンは、炒めた麺と野菜に濃い目の豚骨スープとウスターソース、醤油などで味付した鉄板料理。

B級グルメ感たっぷりの料理です。

麺は、博多ラーメンの極細ストレート麺ではなく、卵を使った中太麺が使われるのが一般的。スープは、サラサラ系ではなくドロドロ系を使います。

 

僕が福岡に住んでた約20年前はそんなにポピュラーな食べ物ではありませんでしたが、10数年前から東京の居酒屋でも普通に提供されるようになりましたよね。

 

今回は、東京で焼きラーメンを食べるならこの店と言われる「焼麺 劔」に伺いましたー。焼きラーメン専門店って他に無いかも。

僕は初めて行くお店なんですよね。楽しみですー!

「焼麺 劔」とは

 高田馬場に劔がオープンしたのは今から12年前の2008年。当時は焼きラーメンなるものがまだ一般的ではなかったので、パリパリ麺の新食感ラーメンとしてかなり話題になったらしいです。以降、ラーメン激戦区高田馬場で人気店となり、今では埼玉の三郷にも店舗があります。

劔の焼きラーメンは、博多の屋台で食べるものとは少し違って、カタ焼きそばのように茹でた麺をパリパリに焼くのが特徴です。独自の濃厚スープとこの焼麺を武器に激戦区高田馬場でファンを増やし続けているお店です。

「劔」の外観・店内の雰囲気

f:id:taku-no-shin:20200120122051j:image

劔の外観。高田馬場駅から徒歩5分くらいで到着です。

早稲田通りから一歩奥に入った比較的静かな場所にあります。

「劔」の文字が象形文字のようです。

 

f:id:taku-no-shin:20200120133447j:image

店内には、若者からサラリーマン、カップルまでいて客層広いです。

写真では分かりづらいと思いますが、照明がかなり暗め。カウンター10席のみです。


f:id:taku-no-shin:20200120122044j:image

オープンから3年後の2011年にはジモア主催 高田馬場のベストラーメンで2位に選ばれています。1位がどのお店だったのか気になりますがググっても出てこない ( 一一)

 

f:id:taku-no-shin:20200120132256j:image

 食券機、結構オールドタイプっす。

お札は千円札以外は使いませんのでご注意を!


f:id:taku-no-shin:20200120122048j:image

卓上調味料です。コショウ、一味唐辛子、すりおろしニンニク、紅生姜です。

さすがに辛子高菜はないかっ!博多ラーメンに必須のゴマも無しです。

 

f:id:taku-no-shin:20200120122103j:image

 紙エプロンが用意されているのは嬉しいですね。

服を気にせず食べられます。


f:id:taku-no-shin:20200120122040j:image

劔流 「食の心得」!

なになに~??まず鰹節が出てくるのか~。

「劔」の焼きラーメン

僕が注文したのは

目玉焼麺(840円)です。

麺の量は少なめ、普通、大盛から選べます!

 

f:id:taku-no-shin:20200120132312j:image

食の心得にも書いてあったとおり、食券を渡してすぐに、

ミニすり鉢と鰹節が渡されましたー。

鰹節をすりすりして待つことしばし、厨房からジュ~ジュ~鉄板で麺を焼く音が聞こえてきましたー!食欲そそる心地のいい音です。もうそろそろかな~。

 

きったー!

 

f:id:taku-no-shin:20200120122758j:image

見た目はほとんどカタ焼きそば!

スープの色は濃い茶色で、醤油が効いている感じです。

トッピングはシンプルで、メンマと青ネギだけです。

この時点でこんがり焼けた麺がめちゃ香ばしいです!


f:id:taku-no-shin:20200120122802j:image

ベーコンと見間違えるようなチャーシュー!

 脂の多い部位を使っていて見た目以上に豚肉感が楽しめます!

しかお箸で簡単に切れるくらい柔らか~い。味付け濃いめでスープに絡めて食べると濃厚度がアップします!これは白いご飯に乗っけて食べたいタイプのやつです!


f:id:taku-no-shin:20200120122806j:image

そしてスープをいただきます。

う~ん!ドロドロ濃厚!旨い!

見た目通りドロドロ系でつけ麺スープに近いです。今までに食べたことない味。豚骨の旨味に加えて、魚介の出汁がしっかり効いて醤油の風味が鼻にささってきます。やっぱり醤油が効いてるな~。一般的な焼きラーメンはほとんどスープがないのですが、劔の焼きラーメンは結構スープの量が多いです。レンゲが止まりません!これはやみつきになりそうです。


f:id:taku-no-shin:20200120122751j:image

お次に麺をほぐしてスープに馴染ませます。

麺は中太の平打ちっぽい麺です。

これこれは不思議な食感!

カリカリとモチモチが両方楽しめる!

 焼いた麺が香ばしいこと。焦げた麺の香りと濃厚スープのおかげで口と鼻が同時に「おいしー!」と言わんばかり。外側のカリカリ部分と内側のモチモチ部分をぐちゃぐちゃに混ぜ合わせて食べるのがおススメですよー。普通のラーメン屋さんでは味わえない食感が楽しめます。普通のラーメンと違ってツルツルいけないので、少し食べにくいと感じるかも。


f:id:taku-no-shin:20200120122754j:image

 最後にすりつぶした鰹節と紅生姜をオン!

 香りが倍増しました!

見た目はジャンク感が半端ないですが、この鰹節の香りはすごくGoodです!

 濃厚スープ(豚骨、醤油、魚介)+こんがり麺+鰹節で香りが何層にも重なってます。

鰹節はもっと量を入れたいな~。

個人的な評価

最後に素人ながら「劔」さんのラーメンを勝手に評価させていただきました!

ラーメンの味 ★★★★
ラーメンの見た目 ★★★☆☆
店内のキレイさ ★★★☆☆
店員さん元気度 ★★★★
女性が1人で入りやすい度  ★★★★
  • とにかく香りが良いラーメンです。豚骨+醤油+魚介+焦げた麺+鰹節。この5つの香りが同時に楽しめるラーメン。しかもそれぞれ存在感があって、口だけでなく鼻も喜ぶ貴重な一品でした。
  • カリカリの焼き麺の食感は確かに今までにないものでした。個人的にはもう少し弱めに焼いてもらってツルツルいきたいところです。
  • 店員さん、かなりチャキチャキしていて仕事ぶり見ていて気持ちが良かったです。
  •  大通りから少し小道に入った場所にあって目立たないので女性お一人でも入りやすいかと思います。ラーメン屋さんとしては珍しく紙エプロンもあるのでスープが飛ぶのを気にしなくて済みます。
  • お酒のシメに食べるラーメンとしては、パンチがあり過ぎてちょっとキツいかな。

店舗情報 

夜は早めに閉店してしまいので、行くならお酒を飲む前です!

営業時間

11:00~15:00

18:00~21:30

定休日 日曜日
住所 新宿区高田馬場2-6-10
駐車場
電話番号 03-3200-5911
公式サイト http://tsurugi-men.com/

 

「劔」までのアクセス

 高田馬場駅から徒歩5分で到着します。早稲田通りを神楽坂方面に歩くと途中で「スタ丼」が見えるので、そこを左に曲がります。通り道に人気店の「野方ホープ」と「ばりちゃん」があります。

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

楽しかったよー!次回も見たいよー!という方、よろしければポチッとよろしくお願いしま〜す!次回も張り切って紹介します。

東京食べ歩きランキング

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村